DOの一流スタイリストへの道

DOの一流スタイリストへの道

【なるほど!】最も成功しているチームに共通する5つの特性

f:id:s314biglove:20170819200431j:plain

どうも!

 

大阪福島にある美容室BELOのDOです!

 

先日、いつもの通りGoogleにお世話になっていると面白い記事を見つけたので皆さんに紹介したいと思います。

 

 

その記事がこれなんですが

 

 

www.lifehacker.jp

 

これはGoogleが社内の250以上のチームの中で最高の業績をあげているチームに焦点を当てて、生産性を高める秘訣を探ろうと始まった企画みたいで、

 

この企画のトップの方が、最高のチームを作るには最高の人材を集めることだと考えていたんですが

 

今回の調査でその考えは「間違いだった」と言っていました。

 

5つの重要な特性

この記事の中に成功するチームに共通していた5つの重要な特性が書いてあって、

 

1.信頼性

2.構造と信頼性

3.意味

4.影響

5.心理的安全性

 

僕はこの中で3、4、5に着目してみました。

 

3.意味

チームメンバーは、仕事に個人的な意義を感じている

 

これは一人一人が考えながら仕事をしていて、その仕事に価値を感じて仕事をしているということで、

 

僕自身も自分の仕事が将来の力になると、価値を感じながら毎日仕事をしています。

 

まぁこれは自分のモチーベーションの維持にもなりますよね。

 

4.影響

チームメンバーは、自分たちの仕事には大きな意味があり、社会全体の利益にプラスの影響を与えると信じている。

 

これは社会全体でなくとも会社の利益などをあげていく上で、

 

自分たちの仕事が何かに影響を与え、その影響が会社全体にも広がっていき結果が出てくると信じているんですね。

 

5.心理的安全性

多くの人が、無能な人間に見られるのを恐れて、会議の場で質問をしたり、アイデアを提示することを躊躇しています。

 

一方、それとは真逆の状況を思い浮かべてください。誰もが安心してリスクを冒し、意見を述べ、質問できるような環境です。

 

そこでは、マネージャーが「上空援護(air cover)」を担い、安全圏を作り出すことで、メンバーはガードを下げることができます。それが心理的安全性です。

 

ここが最も重要なんです。

 

この心理的安全性は会社では上司、美容室で言うとオーナーが作り出すものです。

 

日本人の国民性として、失敗するのが怖い、わからないことへのチャレンジができないなどがあります。

 

なのでスタッフが何かにチャレンジしようとか、自分の意見があっても「失敗のリスク」の方が勝ってしまい『行動』までになかなか繋げることができません。

 

そこで安全圏を作れるかどうか 

ここで上司がバカだと、部下の本当にやりたいことができづらくなってしまいますが、

「失敗しても俺が責任をとってやる」だとか、オーナーの仕事に「絶対的な安定感」があれば部下やスタッフも失敗を恐れずにのびのびと仕事ができて、チーム内での結束力も高まり生産性が上がっていきますよね。

 

これこそが『心理的安全性』なんです。

 

今後の僕も

今はまだまだ修行の時期ですが、僕がもっと大きくなって、僕の後についてきてくれる人ができたらしっかりと安全圏を作り出せるようにこれからも努力しないといけませんね。 

 

僕も職場では人間関係やチームとしての結束力が全ての結果に繋がると思っているので、いつかはそう言ったチームを引っ張っていける人になりたいな。。

 

是非、皆さんもこの5つのことを参考にして仕事をしてみてください!

 

もしかしたら今の仕事環境や業績が変わるかもしれませんよ☆