DOの一流スタイリストへの道

DOの一流スタイリストへの道

【DOがこの一年半モデルさんをさせて頂いて感じたこと】

f:id:s314biglove:20170818112130j:plain

 

どうも!

 

大阪福島にある美容室BELOのDOです!

 

今回は題名でもある通り、僕がこの一年半モデルさんをさせて頂いて感じたことを書いていきたいと思います。

 

僕はBELOで働かせて頂いて4ヶ月ほどでカラーモデルさんをさせていただきました。

 

初めは月に4人ほどでしたが、今ではおかげさまで多いときは20人近くのモデルの方にお越しいただけるようになりました。

 

モデルさんではなく一生のお客様

案外カットモデル、カラーモデルというと練習のお客様なので満足させられず帰ってもらうことが多いのがモデルさんなんですが、

 

僕はこのモデルさんが一生のお客様になるかもしれないと思って接客しています。

 

お客様とのカウンセリング

もちろんモデルさんでもしっかりとカウンセリングさしてもらっているのですが、初めはお客様との会話の進め方や、情報の引き出し方も全く知りませんでした。

 

ですが数を重ねていくにつれて話の組み立て方などがわかってきて、今ではお客様の考えられているイメージと、僕のイメージのギャップがなくなってきたように感じます。

 

プロの定義

ここが自分の中で大きく変わりましたね。

 

意識的なことになるんですが、僕はBELOに入って4ヶ月ほど経った段階でカラーモデルさんをし始めて、正直知識もなくカラーの技術も低かったのでプロとしての自覚はあまりなかったんです。

 

ですが、あるコミュニケーション講習の時に「皆さんはプロですか?」と聞かれて、僕は「プロではない」と答えました。

 

そしたらその先生が『プロの定義』を教えてくださったんです。

 

「あなたがプロじゃないと言ってもお客様はプロにやってもらうためにプロにお金を払うんです。つまりお金をもらっている以上はそれはプロとして仕事をしないといけない。」

 

これが僕のしているカラーモデルと繋がったんです。

 

これを聞くまでは少し失敗を恐れながらモデルさんと接していましたが、

 

今では僕の技術はもちろん、僕自身にも価値を感じてもらえれるように、あくまでモデル。

 

ではなく

 

この人を一生のお客様にするという気持ちでモデルさんをさせてもらえるようになりました。

 

最後に

コミュニケーションやカウンセリングの難しさ、さらには僕が今の段階でお客様にどういう心持ちで接客しないといけないのかなどなど、

 

モデルさんを通して感じたことはたくさんあります。

 

もちろん今でもモデルさんを通じて勉強させてもらっている最中です。

 

時間が経つにつれて顧客の方も増えてきているので、さらに技術を学んでお客様に信頼される一流のスタイリストを目指していきます!