DOの一流スタイリストへの道

DOの一流スタイリストへの道

【髪の毛の赤みが気になる方】カラーで赤みを消す方法

f:id:s314biglove:20170623010847j:plain

 

カラーで赤みを消す方法

 

どうも!

 

大阪の福島区にある美容室BELOアシスタントのDOです!

 

最近カラーモデルさんをさしてもらっていて、

 

よく言われるのが、

 

「赤みのない色にしてほしい」「抜けてきた時の赤みが気になる」

 

などなど、「赤み」を気にされている方が多いみたいです。

 

 

 

日本人のほとんどの人が赤色の色素が強い

 

 

f:id:s314biglove:20170623010847j:plain

 

赤みを気にされる人が多いのには理由があって、

 

日本人の髪の毛は赤系のメラニンと黄系メラニンの2種類の

どちらかで構成されているため、

もともと赤色が強い赤系メラニンの方は

色が抜けてきたときにもとの髪色の

赤色がでてくるという訳なんです。

 

黄系のメラニンの方も同じで色が抜けてくると

黄色っぽい髪の毛になっていきます。

 

 

カラー剤で赤みは消せる

 

ではその赤みをカラー剤でどうしたら消えるのでしょうか?

 

これは色の話になるのですが、簡単言うと「黒」の反対は「白」

のように色にはお互いを補う色(打ち消し合う色)「補色」

の関係があります。

 

 

f:id:s314biglove:20170623005428j:plain

 

 

この写真のように対角にある色が補色になります。

赤色の対角にある色は青緑や緑など緑ベースの色ですよね?

なので赤色を打ち消す色(補色)は緑になります。

 

 

なので、

 

髪の毛の赤みをカラー剤で消すには緑色(マット系)のカラー剤を使って消すのが

一番ということになるんですね!

 

この知識はご自身でも覚えて頂いていると美容師さんとの

カウンセリング時でも話がスムーズにいくかと思います。

 

この他にも赤みや黄みなどの消し方はありますが

 

髪の毛は個人差があるのでその際は美容師さんに

相談してみて下さい^-^

 

最後まで読んで下さりありがとうございました。

 

それではまた^^